スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ホームページの制作のお手伝いも始めました

輸入文房具のレクスタイルも忙しいのですが、ホームページ制作のリーフレーベルのお手伝いも始めました。主に個人事業主様と中小企業様向けのホームページの制作です。

よろしくお願いします。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
スポンサーサイト

テーマ:ホームページ・ブログ制作 - ジャンル:コンピュータ

20 : 02 : 35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ホームページ無料テンプレートの作成を始めました

ホームページ無料テンプレート【LUNA-WEB】の運営もお手伝いしています。
ホームページを作成したい方はぜひご覧ください。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:ホームページ・ブログ制作 - ジャンル:コンピュータ

18 : 45 : 11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログの引っ越しをしました

これまで本ブログを訪問していただきありがとうございました。

先日、新しいブログへ移行いたしました。

こちらのブログの古い記事も可能な限り引っ越し予定です。

今後とも新しいブログをよろしくお願いします。

新しいブログはこちら

またホームページ無料テンプレート【LUNA-WEB】の運営もお手伝いしています。ホームページを作成したい方はぜひご覧ください。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

23 : 19 : 07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

子供用の万年筆

子供は鉛筆で筆圧をかけて物を書くことから始まることが多く、強く書けば濃く書けるということが自然に身についてしまいます。一方万年筆など一部の筆記具は「筆圧なしで文字を書く」ことが必要で、鉛筆に慣れ親しんだ子供には少々辛い筆記具かもしれません。現に一発でペン先を上に向けたうちの娘もいます。

欧米では学校の授業で万年筆を使う授業があり、そのための万年筆が色々販売されています。そのなかから下の写真の子供向けに作られた万年筆を見てみました。
子供用万年筆
左から
 ・ ペリカンのペリカノ
 ・ ペリカンのペリカノジュニア
 ・ ステッドラーの万年筆
 ・ ロットリングの万年筆
 ・ LAMYのABC万年筆
です。どれも造りは立派で大人でも使えるものばかりです。以下、それぞれのペン先の写真と小学4年生の娘が持ってくれた写真を載せてみました。

下の写真はLAMY ABCで、指を添える部分のくぼみがあり、自然な感じで持つことができます。左利き用もありますが、ペン先が左利き用に交換してあるだけで、軸は同じです。色は赤色もあり、シリーズでは1.4mm芯のシャープペンシルもあります。木軸部分が魅力です。
FP-childLM-blg01.jpg FP-childLM-blg02.jpg
下はドイツのペリカンのペリカノジュニアです。これも指を添える部分のくぼみがあり、自然な感じで持つことができます。色も赤や青、黄色が揃っていて透明な感じがフルーツゼリーのような感じです。
FP-childPJ-blg01.jpg FP-childPJ-blg02.jpg
下の写真はペリカノジュニアよりもう少し上の年齢層をターゲットにしたペリカンのペリカノです。軸も細身に作られ、指を添えるくぼみはなくマーキングがそれとなくあるだけです。キャップにクリップも付いていて大人でも実用品として使えそうです。これも色が青、オレンジ、グリーンがあり、ピンクやパープル、ライトブルーなどの限定品が販売されています。
FP-childPN-blg01.jpg FP-childPN-blg02.jpg
下のモデルはロットリングのプライマスシリーズの万年筆です。すでに生産はされておらず貴重な存在になっていますが「ここしか持つところはない」というくらいのグリップです。木軸なのも魅力です。シリーズでノック式2mmシャープペンシルもあります。
FP-childRT-blg01.jpg FP-childRT-blg02.jpg
下の写真はステッドラーの万年筆です。グリップは右利き用と左利き用でくぼみが違います。グリップ部とペン先端の距離が比較的近いので、大きな手の大人にはやや使いにくいかもしれません。シリーズにはローラーボールもあります。
FP-childST-blg01.jpg FP-childST-blg02.jpg
いずれも子供用とはいえ、長期に使える万年筆です。振り回してインクが飛び散らないようにすること、使わないときはすぐにキャップを閉め、床に落とすことがないようにすれば、用途はともかくずっと使い続けられるのではないでしょうか。

ちなみに手タレことうちの娘の感想は1番持ちやすかったのはロットリングのプライマス万年筆、2位がペリカンのペリカノジュニアだそうです。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

12 : 17 : 45 | 万年筆 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

LAMY/ラミー2009年カタログに掲載されていないモデル

lm-ctrg-blg01.jpg先日LAMYの2009年のカタログがドイツから届き、2008年版と比較したところ、ずいぶん多くのモデルが消えている(生産終了?)ようだったので、2009年カタログで消えているモデルをリストアップしてみました。FPは万年筆、MPはシャープペンシル、BPはボールペン、RBはローラーボールの略です。

日本でかつて販売されたもの、日本では販売されたことのないものも混ざっています。また単に誤植で掲載がないものもあるかもしれませんので、参考程度に眺めてみてください。あと限定品もカタログには載っていません。

2000
 ・2000セラミコンBP(L203)

accent
 ・パラジュームコートモデルBB(梨の木グリップ)FP・MP・BP・RB
 ・ブリリアントラッカーモデルPT(プラチナグリップ)FP・MP・BP・RB

pickup
 ・ピックアッププロ(L649)

spirit
 ・パラジュームコートMP(L163)
 ・ステンレスポリッシュMP(L161)

scribble
 ・マットブラックMP・BP

agenda(アルミニ)
 ・ブルーとブラックMP・BP

linea
 ・格子柄(Kタイプ)FP・MP・BP
 ・全柄MP

logo-black
 ・MP(L108)、BP(L208)、BPストライプ柄(L207)
 ・logo樹脂
 ・BPパールホワイト(L204)、MP(L104M)、BP(L204M)

vivo(エナジー)
 ・全て

AL-star
 ・ラズベリーFP・BP・RB

smile
 ・FP全て

tipo
 ・アルミと樹脂のコンビのMPレッド・MPブルー(L139)…MPナチュラルアルミはあり
 ・tipo-PLホワイト(L337)

コンバーター
 ・Z25

ちなみにpurは今までMP・BPだけでしたが、FP・RBが加わっていました…発売されたのでしょうか。またドイツの定価も値上げされているものが多数見受けられます。日本での値上げにつながらなければ良いのですが…。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

19 : 09 : 32 | LAMY/ラミー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ウォーターマンのカタログにローラーボールがない…

新しいウォーターマンのカタログを何気に見ていたら、ローラーボールがどのシリーズにも載っていないことに気付きました。日本ではやはりポピュラーではないのでしょうか…。

気になったので、取引のあるフランスとドイツとイギリスの代理店とか小売店に聞いてみました。その結果、どこも普通のボールペンのほうが何倍も売れるのだそうです。ローラーボールはポピュラーではないと言った人もいました。理由はにじむ(裏写りすることも含めてだと思いますが)からという答えがほとんどでした。

万年筆は売れるのだそうです。さすがヨーロッパ、というくらいの数でした。シャープペンシルも意外と売れているそうです。

その万年筆ですが、日本も同じだと思いますがペン先の太さの種類が多く、お客様の要望もやはり多様化していて、ニブまたはペン先そのものを容易に交換できるブランドを扱う傾向があるようです。

店ではペン先を各種用意して、軸部やキャップはほどほどの在庫にして、売るときにペン先を付け替えることが多いとのこと。日本ではペン先を交換すること自体ご法度のような風潮がありますが、考えを改めるのも良いかもしれません。パーカーやウォーターマン、ラミーはお客様がペン先を交換するのも当たり前だそうです。(ラミーの製品カタログには確かにボールペンリフィルと同じようなページにニブが載っています)

日本ではペン先だけを売っている店は少ない(ほとんどない)ので、気分転換にペン先を変えるなどという風習もないし、修理は数か月…などというのが普通になってしまっている感じです。文化の違いを感じました。Fを買ってEFにすれば良かった…という後悔をした人も私を含めて多いのではないでしょうか…。今後はペン先も普通に出回ることを期待したいですね。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

01 : 40 : 25 | ローラーボール | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

ロットリング ニュートンのシャープペンシル

ロットリングのニュートンはTRIOペンとボールペンが日本では販売されていました。万年筆は…と思ったら日本では販売されなかったようですが、作られていました。とすればシャープペンシルもあるのではと前から探していたらドイツでは販売されていました。

見た目はニュートンのボールペンシリーズに近い形です。下の写真のとおり、ディープコッパーとシルキーブラック、マットクロームの3色があります。(ちなみにディープコッパーという名前は日本だけで、海外ではカッパー(銅)カラーです。ブラックもシルキーブラックのシルキーは日本だけで命名されたものです。
rt-nwtnMP-blog01.jpg
芯は0.5mmタイプだけがあったようですが、中のシャープメカがあれば0.7mmもできそうです。芯の繰り出しはノック式ではなく、口金と一体化したペン先側の軸をツイストすると3mm弱のスリーブとともに芯が出てきます。

芯の格納は繰り出す時と同じようにすれば入りますが、同じ軸部を反対にツイストすると芯とスリーブの動きがフリーになり、指先などで押せばスッと格納できます。これならさほど手間はかかりません。
rt-nwtnMP-blog02.jpg
初めて手にすると、どうやって芯を出すか迷いますが、シルエットもきれいでなかなか良いアイテムです。

ちなみに同じく生産が終了しているボールペンもあります。ほぼシャープペンシルと同じ外観です。こちらもペン先側の軸をツイストさせるとペン先がでてきます。反対にツイストすると引っ込みます。これは普通に使い易いボールペンです。
rt-nwtnBP-blog03.jpg
リフィルはパーカースタイルなので、パーカーやファーバーカステル、ペリカンなどのいわゆるジャンボリフィルが使えます。
rt-nwtnBP-blog04.jpg

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

12 : 48 : 38 | ロットリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ラミー cp1チタンコート

ラミーが気に入っていると、やはりラミーが続いてしまいます。ラミーでも直線がきれいなcp1シリーズは個人的には一二を争うほど気に入っています。なかでも現在は日本で販売されていない(ドイツでは販売されている)チタンコートのツインペンとトライペンはとても気に入っています。

手触りはさらりとしていて、パラジュームコートモデルより深みのある光沢、ポリッシュタイプのクリップなど魅力満載です。
lm-cp1TI-blg01.jpg
ツインペンもトライペンもペン先の選択はツイスト式です。0.5mmのシャープペンシルも日本人好みかもしれません。ボールペンは黒、トライペンはさらに蛍光オレンジのボールペンリフィルが入っています。これは赤色のリフィルに入れ替えても良いかもしれません。

シャープペンシルをノックした時も多機能ペンにありがちな不要なストロークも気にならず実用的です。

なにより、下の写真にあるとおり、TITANIUM COATEDの文字が誇らしげです。チタンボディではなく、あくまでもチタンコートであるので、誤解のないように…。
lm-cp1TI-blg03.jpg
リフィルの交換などは口金を外すのではなく、ペンのツイスト部分を回して先頭の軸を外します。メンテナンスはし易い部類でしょう。
lm-cp1TI-blg02.jpg
末永く使えるLAMYの逸品ではないでしょうか。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

12 : 12 : 19 | LAMY/ラミー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

LAMY stシリーズ

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

年末年始は色々な文具を整理整頓していました。使わないでいた万年筆のインク詰まりを直したり、書けないボールペンのリフィルを入れ替えたり…。

それはそうと、最近巷で話題になることが多いラミーst。なぜ小文字のstかは、カタログにそう書いてあるからなのですが、stはステンレスの意味です。一見ラミーcp1にも見えなくもないですが、クリップが光沢のある一枚板、ノックボタンもcp1のそれとは形状が違います。

ボディはややマットな感じを施したステンレスで、シャープペンシルとボールペンの口金はポリッシュタイプです。細すぎず、意外と使い易いシリーズではないでしょうか。ステンレスのおかげで重量感もあります。(アルミボディのLineaというシリーズもあります)
lm-st-blg01.jpg
ほとんど装飾らしい装飾はありませんが、マットブラックモデルが存在しています。といっても2008年のカタログには掲載がありませんので、すでに希少かもしれません…が、多機能ペンではマットブラックモデル(L746 2+1というモデルで0.5mmシャープペンシルとレッドとブルーのボールペンが一体化されています)が掲載されています。下の写真はstシリーズのボールペンのマットブラックです。
lm-stbk-blg01.jpg
サファリやstudioのような外観のインパクトは少ないのですが、使うとLAMYらしさが伝わってきます。Lineaシリーズ同様日本未発売ですが、普通に使えるモデルです。ちなみにスチールペン先の万年筆があり、インクコンバーターはZ26というタイプを使います。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

18 : 01 : 30 | LAMY/ラミー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ラミー4penオレンジグリップ

ラミーの4機能(0.7mmシャープペンシル・黒、赤、青のボールペン)モデル4penのオレンジグリップ仕様が入ってきました。グリップの不具合があったらしく、なかなか実物に触れることができませんでした。

ボディとコントラストがある、鮮やかなオレンジ色のグリップです。オレンジの塗装は光沢があり、意外と高級感があります。ただ、マットブラックの軸、パラジュームコートの軸とのコンビネーションは好みの分かれるところかと思いますが、グリップ単体の販売はなく、アクセントシリーズのグリップと交換できますので、価値あるモデルだと思います。また手触りも光沢があることからわかるとおり、しっかりと握ることができる持ちやすいグリップです。
lm-4penOG-blg01.jpg
グリップは下の写真のように簡単に外すことができます。リフィルの交換と同じ、軸の真ん中あたりから分解します。アクセントシリーズのグリップと見比べましたが、内側にアルミの筒があり、外側にかぶせたアルミ?に塗装が施されている構造で基本的には同じです。エイトリングのグリップのような重量感はありませんが、きれいな塗装がされています。
lm-4penOG-blg02.jpg

lm-4penOG-blg03.jpg
4機能を持つ多機能ペンで価格もそれなりですが、色々なグリップと交換したり、中のリフィルを自分仕様に交換したり、使いやすくて楽しめるラミーの多機能ペンです。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

03 : 23 : 38 | LAMY/ラミー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

3000円以下の万年筆で楽しむデモンストレーター

ペリカンのM800デモンストレーターなど、吸入したインクが見える万年筆は楽しめる反面、とても高価です。インクの流れやインクの波打つ様を見ながらペンを滑らせるのはあこがれますが…。

そこで波打つ様はあまり期待できませんが、ウォーターマンのクルトゥール万年筆のクリアタイプインクコンバーターを入れてインクを吸わせたら…と実験したいと考えたのですが、並べて写真を撮って満足してしまいました。
wt-demo-blg01.jpg
上の写真で想像して楽しめますでしょうか。インクはエルバンの赤です。コンバーターを軸に入れると下の写真のようになります。透明度が高いのでインクの色は楽しめそうです。
wt-demo-blg02.jpg
都度洗浄は必要ですが色々なインクを楽しめます。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

16 : 50 : 33 | ウォーターマン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

パーカーのIMシリーズ カラーアディクト

よくぞここまできれいな発色が実現できるなと、感心してしまいました。パーカーIMシリーズのボールペンの限定品「カラーアディクト」です。かなり歴史の長いIMシリーズで、万年筆やシャープペンシルも製品化されています。外装が全てメタル製という部分でも、最近の軽量ボールペンとは一線を画している感じがします。
pk-caIMBP-blg01.jpg
だいぶ前にどこかの企業から会社のロゴ入りのIMボールペンを頂いた記憶があるのですが、探しても見当たりませんでした。今回の限定品も使い心地(重量感)は同じで、やはり使いやすそうです。

中のインクリフィルは全てブラックですので、ボディカラーのインク色ということではありませんが、仕事などで他の筆記具や小物にまみれても、直ぐに発見できそうです。

ノックボタンにはパーカーのロゴが刻印されています。ノックも「カチン」というしっかりした感触があります。
pk-caIMBP-blg02.jpg
一見高そうなIMですが、コストパフォーマンスに優れたボールペンです。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

02 : 58 : 42 | パーカー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ラミー アクセント ブリリアント

漆塗りを思わせるブリリアントラッカー塗装、プラチナコート、ダイアモンドラッカー(エイトリング)、ブライヤウッドの3種類の交換可能なグリップ…今は日本では入手は困難なラミー アクセントシリーズの上級モデルです。10万20万もする高級筆記具と比較すると、ずっとお手頃なシリーズですが、それでもLAMYの中では最上位クラスの製品です。

実用性を兼ね備えたデザインがなされた高級筆記具の代表格だと思います。グリップは最近オレンジグリップ限定品を日本だけで発売したラミー4pen(多機能ペン)と互換性があります。…今はオレンジグリップの設計ミスで供給がいったん止まっていますが…。

下の写真は左からプラチナコート交換グリップ、ダイアモンドラッカー万年筆、ブライヤウッド0.7mmシャープペンシル、ブライヤウッド万年筆です。万年筆のキャップはネジ式です。
lm-acntBRI-blg01.jpg
このグリップを交換するだけで、全く別のイメージを与えてくれるので、グリップをたくさん持っている人が多いと聞きます。確かに見た目だけでなく、重量感も変わります。特にプラチナコートとダイアモンドラッカーのグリップは、それだけを手にしてもズシっとした重みが感じられます。

アクセントシリーズは万年筆とボールペン、シャープペンシルがラインナップされていていますが、特に万年筆は直線美が生かされたデザインで私個人もとても気に入っています。またシャープペンシルやボールペンもゆったりとしたカーブを描いたシルエットですが、太すぎずとても書き心地が良い筆記具です。ノックした時の感触も心地よいのが特徴です。
lm-acntBRI-blg02.jpg
万年筆のペン先はstudioのパラジュームコートなどと同じ14Kで、スリット部分はさらに金が載っています。この部分が通常のアクセントシリーズとの違いでもあります。

studioのグラマラスなシルエットとは違った上品な感じのシルエットのアクセントシリーズも次の世代へと置き換わりそうな予感がしています。というのもグリップの供給が以前と違い、ドイツ本国での入手も難しくなっているからです。

グリップ単体は入手が難しいのですが、筆記用品そのものはまだ入手が容易ですので、ブライヤウッドのシャープペンシルとかボールペン、そしてプラチナコートグリップやダイアモンドラッカーグリップの万年筆を買って、グリップだけ交換してみるのも良いかもしれません。

アクセント ブリリアントモデルはお薦めです。ちなみに万年筆のペン先だけで60ユーロくらいします…落とさないように気をつけましょう。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

12 : 54 : 41 | LAMY/ラミー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ウォーターマンのハローキティ万年筆とボールペン

フランスのウォーターマンの万年筆にサンリオのハローキティがあしらわれています。ハローキティ誕生35周年を記念して、ウォーターマンとコラボレーションして作られた万年筆とボールペンです。なおこのハローキティシリーズは日本国内だけの限定販売だそうです。

ベースとなるのはメトロポリタンのシィメリーシリーズです。パール系の輝きを放つこのシリーズのピンクCTとブルーCTがベースです。他に、チャールストンシリーズにも展開されています。定価はノーマル品よりちょっとだけ高めです。

当然ですが、35周年ということからも察しのとおり、限定品です。おまけに受注生産らしいので、メーカ在庫が切れると次の入荷までにかなり待たされるとのこと。

下の写真はノーマルのピンクCTとハローキティバージョンのピンクCTの万年筆です。
wt-kity-blg01.jpg
クリップの付け根付近を拡大するとクリップにハローキティがしっかりといます。
wt-kity-blg00.jpg
クリップのサイドにはHello Kitty…という印刷もされています。
wt-kity-blg02.jpg
ボールペンと万年筆を並べてみました。もともとの塗装がすごくきれいなので、キティのエンブレムが目立つかと思っていましたが、やはり存在感がはっきりとでています。ハローキティファンにはたまらない逸品かもしれません。
wt-kity-blg03.jpg
ちなみに化粧箱も特別です。外側にウォーターマンの文字が見当たりません。さらに化粧箱用の紙箱にも…これはピンクとブルーがそれぞれあります。箱も含めて希少価値のありそうな感じのウォーターマンの万年筆とボールペンです。
wt-kity-blg04.jpg
蛇足ですが、ウォーターマンの2009年の日本のカタログからこのメトロポリタンのシィメリーグリーンCTの姿が消えています…私はきれいなグリーンだと思っていたのですが、残念です。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

03 : 29 : 00 | ウォーターマン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

クレールフォンテーヌの香水

クレールフォンテーヌと言えばフランス屈指の紙製品メーカー。不況のあおりで香水事業にも…と思ったら、150周年を記念してフランスのきれいな水を使った香水を作ったのだそうです。残念ながら非売品とのこと。
cf-kosui-blg01.jpg
上と下の写真は箱の外観です。150のマークが入っています。
cf-kosui-blg02.jpg
箱もなかなか凝ってますが中のボトルにもクレールフォンテーヌの印刷がされています。容量も100mlとたくさん入っています。
cf-kosui-blg03.jpg
さて、香水とはあまり縁のない我が家…とりあえず化粧品売り場の人がやるみたいに左手の甲の親指付け根近辺にシュっとやったら、何ともいい香りが漂ってきました。…5分後、部屋の中も香りで満たされました。30分後、玄関を入ると家の中が香りで満たされています。

ということでカーテンにでもちょっと吹きつけておこうかと思っています。
cf-kosui-blg04.jpg
※ クオバディスジャパンのサイトで抽選でプレゼントしていましたが、すでに終了してしまいました。

●こちらで紹介したアイテムは輸入文房具のレクスタイルで購入することができます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

03 : 05 : 04 | クレールフォンテーヌ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

おすすめの輸入文房具

海外には楽しい文房具、きれいな文房具がたくさんあります。希少な輸入文具も含めて輸入文房具通販のレクスタイルで扱っている文房具をたくさん紹介しているブログです。

写真をクリックすると鮮明な写真を見ることができます

輸入文房具のレクスタイルをよろしくお願いします。

ブックマークに追加する

LEX

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

カテゴリー

最近の記事

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。